WebマーケティングにはWeb広告も

広告を紙媒体からWebにする

インターネットがまだなかった頃から、広告媒体として紙媒体がよく使われていました。紙媒体というのはどのようなものかというと、たとえば、新聞、あるいは雑誌などです。
新聞の場合、非常に読者数が多く、また、新聞というメディアに対しての信頼感が高いので、そこに広告を出すということは、不特定多数の人々に信頼を持ってもらえる可能性が高いですし、また、雑誌の場合は、テーマ別の雑誌というのがたくさんあるので、売り込みたい商品やサービスと、雑誌が取り上げているテーマが一致していれば、非常に効果的な宣伝をすることが出来ます。
たとえば、ミュージシャンのインタビューや、楽譜を掲載している雑誌に楽器店が宣伝を載せれば、音楽に興味がある人だけに自社のサービスをアピールすることが出来るわけです。
しかし、最近はインターネットを多くの人が利用するようになったので、Webマーケティングに切り替えるという例も出てきています。新聞や雑誌広告からWebマーケティングに切り替えることのメリットとして、まずは、宣伝費をこれまでよりも安く出来るということが挙げられるでしょう。
紙媒体の宣伝費も、テレビコマーシャルを流すよりは安いですが、それでも、Webマーケティングの費用に比べると比較的高いということが多いです。
また、流行に瞬時に合わせられるというのもメリットの一つです。紙媒体に宣伝を載せる場合、企画を立ててから記事などを作っても、すぐに世の中に出回るというわけではありません。印刷、出版と段階があり、それぞれ時間がかかるからです。
しかし、Webマーケティングであれば、ホームページ上に広告枠さえ取っておけば、そこに表示させるバナーなどはいつでも切り替えられますし、バナーを作るのもさほど時間がかかりません。その気になれば、数日前にテレビやインターネットで流行した言葉を反映したバナーを作り、ホームページ上に表示するということも可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 広告を紙媒体からWebにする 目的ごとでWeb広告は変更できる 人を惹きつけるようにしないとダメ ティザー広告を有効的に使う Webだと思ってると